自動車重量税等の負担

自動車は税金がかかる乗り物です。購入する時には消費税が加算されますし、毎年5月になると自動車税が発生、車検時には自動車重量税を支払わなければなりません。また、ガソリンにも一定の税金が課されていることは皆さんもご存じの通りでしょう。

まず、昭和25年に施行された自動車税は所有者に対して発生する税金です。所有している限りどのような状態であっても納税義務が課されるものであり、事業用であれば安く、乗用車であれば高めになるような税率が設定されています。ただし、グリーン化税制も適用されており、自動車の環境性能に応じて税率の低減を行うという措置が取られていることが特徴です。

自動車重量税は車検の時に発生する税金です。昭和46年に誕生した自動車重量税法をもとに税額の計算を行います。長期間、道路整備のための債務を返済する目的から暫定的な税率が適用されていたり、車検の有効期限内に抹消登録を行っても還付されなかったりという問題がありましたが、21世紀に入り、これらは解消されました。

日本自動車工業会が自動車と税金の関係性について発表した統計があります。新車で購入した1台の自動車を維持するにあたり、平均して5分の1が税金となることが明らかになりました。財源のうち10%が自動車関連税であることから、日本国の政策としてある程度コントロールしなければならないのです。

このように、自動車に関わる税金にはさまざまなものがあります。当サイトでは自動車と税金の関係についてご紹介します。

 

Copyright © 2014 自動車に関わる税金 All Rights Reserved.